1. ホーム
  2. ブログ一覧
  3. 【TODAY古正寺】お箸トレーニング☆

ブログ

【TODAY古正寺】お箸トレーニング☆

TODAY is New Life

手先の成長をよく観察して開始しましょう

お箸の練習を始めるのに、いつから!という決まりはありません★
年齢よりも、お子さんの指使いの成長度合いに応じて開始するのがいいでしょう�

目安は、クレヨンやスプーンを鉛筆握りできるようになった頃と言われています。

初めは、クレヨンもスプーンも手をグーにして順手で握るお子さまが多いです。
それが次第に逆手でも持てるようになったら、今度は鉛筆を持つように親指、人差し指、中指の3本を中心に握るように導いてみましょう。
鉛筆握りができるようになった頃が、トレーニングの開始に最適な時期といわれています。
また、本人の興味や関心も大切なチェックポイントです。
大人が使うものに興味を示すようになったら、一緒に食事をする際には、食べ物をつまんで口に運ぶところをじっくりと観察させてあげましょう。手づかみやスプーンではなく、お箸に手を伸ばすなどの素振りがあれば、トレーニング開始の目安にしてもいいで
すね★

食事どきはNG!? 楽しくゆったり練習できる時間がおすすめ

お箸の練習をするなら当然、食事のとき…と考えがちですが、実は、食事どきはあまりおすすめできません。
最初はほとんどうまく使えないため、食事に時間がかかりすぎてしまう可能性があります。
心のどこかに「早く食べさせたい」という気持ちがあると、つい焦りが出てしまうことも。初めの練習は、ゆったり楽しくチャレンジできるよう、遊びの中で取り入れるのがおすすめです。つまむものは、小さく切ったスポンジや、ちぎって丸めたティッシュなど、軽くてやわらかいものを用意するといいでしょう。

トレーニング用のものにはメリットとデメリットが

いつから練習を始めるか? に次いで、「市販されているトレーニング用の箸を使うか使わないか」についても、頭を悩ませるおうちのかたが多いようです。
トレーニング用のものには、補助の輪っかが付いているため落としにくく、比較的簡単にものをつかむことができます。正しい持ち方も身につくといい、「箸で食べる」という感覚を覚えるには便利なアイテムといえるでしょう。
ただし、普通のお箸に移行する際に、スムーズに進める場合と、指の力加減がうまくいかずに、再び練習のし直しになってしまう場合があるようです。
急に移行するのではなく、上達具合にあわせて、食事の後半だけ普通のものを持たせてみるなど、工夫してみましょう。

ゆったりとした気持ちで進めたい、お箸のトレーニング!
焦らず親子で楽しくトレーニングを進めて行けるといいですね★
TODAY でも、お箸トレーニングのサポートを致します!

一覧に戻る

無料説明・体験随時受付中!

保護者向け無料説明・体験見学を随時受付中です。
お気軽にお問い合わせください。

放課後等デイサービス はぴねす古正寺

TEL:0258-86-5435

受付時間:10:00~18:00

児童発達支援 TODAY is New Life古正寺

TEL:0258-86-5441

受付時間:9:00~18:00

このページのトップへ