1. ホーム
  2. ブログ一覧
  3. 【TODAY古正寺】さ~さのはさ~らさら~♪

ブログ

【TODAY古正寺】さ~さのはさ~らさら~♪

TODAY is New Life

もうすぐ七夕ですね!!

TODAYでは、七夕にちなんだ活動や制作を子どもたちと楽しんでいます。

お集りでは『たなばたさま』をみんなで歌ったりしながら七夕に触れています☺

 

 

七夕ってどんな日??

七夕とは、織姫(おりひめ)さまと彦星(ひこぼし)さまが天の川を渡って、1年に1度だけ出会える7月7日の夜のこと。短冊に願い事を書いて、笹竹に飾り付けます。

 

「雨が降ると天の川が渡れない」ともいわれて、てるてる坊主をつるした人も多いのでは。かつては旧暦の7月7日だったので、現在でいうところの8月上旬~下旬ごろ。昔は晴天率の高い行事だったのです。

 

新暦の現在では、7月7日は日本の多くが梅雨のさなかですね。すごくざっくり平均すると、晴れる確率は3割ぐらいです。でも、東海地方や山口県などには、「雨が降った方が縁起がいい」という言い伝えも残っています。

 

 

織姫と彦星の伝説

国を超えて広く伝わる織姫と彦星のお話には、いろんなバリエーションがありますが、以下の内容はほぼ共通しています。

 

天帝(神様)の娘である織女は、機織りが上手で働き者の女性。天帝は、同じく働き者で牛飼いの牽牛と引き合わせました。二人はひと目で恋に落ち、結婚しました。

 

ところが結婚すると遊んでばかりで、働かなくなるという結果に。怒った天帝は二人を天の川の両岸に引き離しましたが、織女が泣いて悲しんだため、年に1度、七夕の夜にだけ会うことを許すようになった…というあらすじです。

 

七夕の由来や伝説など、少し難しいかもしれませんが活動の中に取り入れて
簡単に七夕の行事などに触れていこうと思います。

 

 

TODAYでは、壁面制作として‘あまのがわ’の壁面と織姫・彦星の飾りを作りました☆彡

子どもたちが一生懸命制作した作品が教室の壁に彩られていると私たちも元気が出ます☺

ぜひ見に来てください☆彡

 

一覧に戻る

無料説明・体験随時受付中!

保護者向け無料説明・体験見学を随時受付中です。
お気軽にお問い合わせください。

放課後等デイサービス はぴねす古正寺

TEL:0258-86-5435

受付時間:10:00~18:00

児童発達支援 TODAY is New Life古正寺

TEL:0258-86-5441

受付時間:9:00~18:00

このページのトップへ