1. ホーム
  2. ブログ一覧
  3. 【TODAY古正寺】なんでだろう?ワクワク手品遊び☆彡

ブログ

【TODAY古正寺】なんでだろう?ワクワク手品遊び☆彡

TODAY is New Life

今日は夏日でとっても暑かったですね☀

お母さんたちは洗濯日和ですね☺

本日の活動では、手品遊びを行いました。
子どもたちは、不思議な体験にドキドキワクワクした様子で見入っていました!!

 

不思議な現象に興奮・楽しさを覚える

 

マジックは、見ている子どもたち側からすると、現実的にありえないことが目の前で起こる不思議さを体感することができます。その体験によって、子どもたちは驚く、感動するなどのさまざまな感情を味わってもらい、マジックの楽しさを覚えてもらうというねらいがあるようです。

「不思議!なんで?」を自分なりに考える

 

瞬間移動や貫通するマジックなど、自分の考えではつじつまが合わない現象を目の当たりにすると、子どもたちはその不思議さについて考えることでしょう。

 

マジックを行うことで、子どもたちは自分なりに現象を推測しながら、物事が起こった理由を深く考えるきっかけを作るというねらいがあります。さらに、子どもがいろいろなことに興味を持つ好奇心や、興味を持ったものを深く追及する探求心を刺激することにつながるかもしれませんね。

手先を上手に動かす練習になる

 

マジックはタネを隠すなど、見る人の目をくらましながら行うため、特に手先の動きが重要になります。子どもたちが自分でマジックを行う場合は、物を移動させたり、手の中に隠したり、何も持っていないことを見せるなどの細かな動作を行うと、手先を動かすよい練習になるかもしれませんね。

自分で繰り返し練習してみることに興味を持ち、やがて達成感につながる

 

マジックや手品を見ることで「なんで?すごい!」と、子どもたちはマジックに強い興味を抱くことでしょう。しかし「自分もやってみたい!」と思っても、最初から上手にできる子はほとんどいないかもしれません。

 

マジックを何度も練習することで、子どもたちは物事をあきらめずに取り組むことや、少しずつ上達していく楽しさを感じることができるでしょう。自分でマジックに挑戦すると、人を驚かせられたときの喜びや自信をつける成功体験となり、達成感を感じることにつながりそうです。

 

このように、マジックや手品は子どもへさまざまな影響をもたらします。ねらいなどをきちんと理解してから行うこと、よりマジックを楽しむことができるかもしれませんね。

今回、TODAYで行った手品遊びはペットボトルで簡単に作れるのでお家でもお子様と一緒に
やってみてはいかがでしょうか☺

こどもたちの興味をひくマジシャン風の衣装などを着て行うと更に盛り上がりますね☆彡

 

一覧に戻る

無料説明・体験随時受付中!

保護者向け無料説明・体験見学を随時受付中です。
お気軽にお問い合わせください。

放課後等デイサービス はぴねす古正寺

TEL:0258-86-5435

受付時間:10:00~18:00

児童発達支援 TODAY is New Life古正寺

TEL:0258-86-5441

受付時間:9:00~18:00

このページのトップへ