1. ホーム
  2. ブログ一覧
  3. 【TODAY古正寺】お昼寝はなぜ必要?

ブログ

【TODAY古正寺】お昼寝はなぜ必要?

TODAY is New Life

今日もたくさん動き体を動かしたTODAYの子ども達☆

 

日中の活動でたくさん体を動かして指先や手先を動かし脳への
刺激をたくさん受け様々なことを吸収していきます。

 

日中たくさん体を動かしたあとはお昼ご飯を食べて、お昼寝をして体を休めます。

 

そんな毎日のお昼寝・・・
一体どんな効果があるのでしょうか??

子どもに昼寝が必要な理由は?

子どもにとって昼寝は体や脳の疲れを癒すだけでなく、記憶力の向上や、情緒の安定にも重要なかかわりを持っています。子どもが日中に様々な刺激を受けた脳をクールダウンし、一旦リセットすることで、再び元気に活動できるようになるのです。

 

子どもに必要とされている睡眠時間は生後7ヶ月ごろが11~14時間、3歳なら11~12時間といわれていますが、夜にこれだけの睡眠時間を取るのは難しいもの。そのため、昼寝をして必要な睡眠時間を補うことが必要なのです。

 

また、小さな子どもを育てている親にとって、子どもの昼寝中は貴重な休息時間となります。
昼寝をさせている間に心身を休めることは、育児を続けていくうえでとても大切です。
昼寝は子どもだけではなく、親にとっても重要な時間なのです。

 

昼寝をするとどんな効果がある?

「寝る子は育つ」と昔からいわれていますが、実際に子どもが昼寝をすると、たくさんの良い効果が得られます。

 

体力の回復

たくさん走り回ったり遊んだりしたあとに昼寝をすると、体の疲れを取ることができます。

脳の疲れを取って情緒がおだやかになる
子どもの脳は、起きている間にさまざまな刺激を受けています。刺激を受けて脳が疲労すると、かんしゃくを起こしたりぐずったりしやすくなりますが、昼寝をすることで疲労を回復することができるのです。
脳の疲れが取れると、情緒がおだやかになり、機嫌よく過ごしやすくなるでしょう。

 

記憶力がアップする

アメリカのマサチューセッツ大学で3~6歳の子どもを対象におこなわれた研究によると、「昼寝あり・なしでは昼寝ありのほうが記憶力向上に効果がある」との結果が出ています。
昼寝をすることで脳の記憶領域が整理されるため、パフォーマンスが向上するのです。

 

免疫力の向上

睡眠中には「メラトニン」というホルモンが分泌されます。このメラトニンには、体の免疫力を向上させてくれる効果があるのです。体の抵抗力を正常に保つためにも、昼寝は重要な役割を持っているといえるでしょう。

 

以上のことから、普段何気なくさせているお昼寝・・
こんなにもたくさんの効果があるんです^^☆

 

お昼寝時にお母さんも体と心を休める時間としても必要です。
お子様がお昼寝をしている間に親子でリフレッシュの時間を設けてみては
いかがでしょうか☆ミ

 

一覧に戻る

無料説明・体験随時受付中!

保護者向け無料説明・体験見学を随時受付中です。
お気軽にお問い合わせください。

放課後等デイサービス はぴねす古正寺

TEL:0258-86-5435

受付時間:10:00~18:00

児童発達支援 TODAY is New Life古正寺

TEL:0258-86-5441

受付時間:9:00~18:00

このページのトップへ